十勝本別町産「豆」100%の豆料理専門店

 

「豆料理」というと、煮豆やあんこをイメージされる方が多いのではないでしょうか?

納豆や豆腐、味噌、醤油は、日本古来の大豆加工品として馴染みがありますね。

生豆は、一晩水で戻して茹でないと料理に使えず、なかなか手間がかかり、

また豆料理のバリエーションも、なかなか思い浮かばないのではないでしょうか?

豆には、大豆、小豆の他にも、金時豆、手亡豆等、色々ないんげん豆の種類があります。

営養価に優れた豆は、世界が注目するスーパーフード!

とても優しい味わいなので、和洋中、スイーツまで、合わない料理はありません。

Mame Kitchen Maruyama では、

そんな豆たちを、キラキラッと映える新感覚の料理に仕上げ、

Stylishにご提供いたします。

Story

20154月、ご縁あって移住した「日本一の豆のまち」本別町。

北海道十勝の農業における輪作体系を支える豆類ですが、豆の一大産地でありながら、豆料理が身近でなく、段々と家庭で調理されなくなって来ている現状を知りました。

そんな本別町は、知名度が低く、人口減少率も高いことから、まずは産地から豆の消費拡大の啓蒙と、地域おこしをと、本別産豆の料理研究とPR活動を、5年間、自主的に継続して行ってまいり、気付けばライフワークに。

20203月、札幌への転居を機に、豆の魅力と可能性を、もっともっと多くの皆様にお伝えすることを目指し、20218月、地元円山エリアにて「Mame Kitchen Maruyama」を開業するに至りました。

 コロナ渦において、栄養バランスに優れた豆料理を通し、皆様の心と身体の健康に、少しでもお役に立てることを願っております。

Owner

管理栄養士 / 谷口まどか Madoka Taniguchi
札幌出身
藤女子短期大学 家政科食物栄養専攻卒
エコール辻大阪 辻日本料理マスターカレッジ卒
・本別町友好大使/20204月~現在
・北海道ふるさと・水と土指導員(北海道農政部)/2020年1月~現在
・北海道農業・農村振興審議会委員(北海道農政部)/20188月~20208